児玉 健

Kodama Ken

交通とは、“人間でいうと血管のようなもので、人・物を運ぶ重要な役割を担っている”とよく言われています。これはもちろん正しいことですが、実はもうひとつ、"幸せを運ぶもの“ではないかと考えるようになりました。これまで関わった仕事で見てきたものは、難しいレポートではなく、ベトナムの都市での、恋人同士がひとつのバイクに乗って楽しげに移動している様、日本の中山間地域でバスが走らなくなって困っている高齢者、ひとつの駅のエレベーター設置がもたらす笑顔だったと感じています。これからも都市・交通の研究に関わりながら、環境負荷の少ない都市と同時に笑顔が多い都市を創れればと考えています。

児玉 健

プロフィール

役職
フェロー
出身大学
金沢大学大学院建設工学専攻修了
専門分野
都市・地域計画マスタープラン環境配慮型の都市計画・街区形成計画景観計画・街並み形成ガイドライン開発途上国の都市計画・住宅計画資格 技術士(建設部門・都市及び地方計画)
資格
京都大学大学院 博士(工学)
技術士(建設部門 都市及び地方計画、道路計画、NO.28304、平成5年3月取得)
所属団体
土木学会
都市計画学会
福祉のまちづくり学会

主な実績

  • 低炭素型都市・交通に関する研究
  • 高齢者・障害者等の移動支援のための交通施設の評価手法に関する研究
  • 京都大学 学位論文、平成17年5月取得、論工 博 第3861号
  • 交通バリアフリー基本構想策定における参加型まちづくり、評価に関する研究
  • ベトナムにおける都市計画マスタープラン策定・高齢者・障害者等に配慮した交通施設整備・交通体系に関する研究

主な出版物

  • 「参加型・福祉の交通まちづくり」(交通エコロジ-・モビリティ財団/国土技術研究センタ- /学芸出版社、共著)
  • 「日本の交通バリアフリー」((社)土木学会土木計画学研究委員会、福祉の交通・地域研究省委員会、(財)災害科学研究所) /学芸出版社(京都)、平成20年3月、共著)
研究員の一覧へ戻る研究員の一覧へ戻る