近藤 武士

Kondo Takeshi

建築・都市の省エネルギー・省CO2を実現するためには、快適性を損なわない省エネシステムの導入と、居住者の意識向上が必要と考えます。
これまでと同等の快適性を維持しつつ、無駄をなくす・効率を上げるなどのシステム側の工夫と、居住者の省エネルギー・省CO2を意識したライフスタイルの選択が重要であると思います。
更に、省エネ効果を検証するための計測とデータ分析が非常は重要な要素です。

近藤 武士

プロフィール

役職
主任研究員
出身大学
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了
東京電機大学工学研究科建築学専攻修士課程修了
専門分野
エネルギーマネジメント ≫サービス内容へ
コミッショニング ≫サービス内容へ
地域エネルギー計画 ≫サービス内容へ
業務用建物における建築設備・室内環境の評価・分析
建物の省エネルギーシステムの提案・効果分析
資格
博士(工学)
一級建築士
建築設備士
エネルギー管理士
所属団体
空気調和・衛生工学会
日本建築学会

主な実績

  • 第5回サステナブル建築賞 国土交通大臣賞「東京電機大学東京千住キャンパス」(一般財団法人建築環境・省エネルギー機構)(2014)
  • 国土交通省 建築基準整備促進事業「非住宅建築物に導入される設備仕様及びその使い方に関する実態調査」
  • NEDO戦略的省エネルギー技術革新プログラム 実用化開発 「業務用ビル液冷空調システムの開発」(2012-2014)
  • 第15回 電力負荷平準化機器・システム表彰 経済産業省資源エネルギー庁長官賞「東京電機大学東京千住キャンパスにおける連結式縦型蓄熱槽を用いた高効率熱源システム」(一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター)(2013)
  • 第13回 空気調和・衛生工学会特別賞 十年賞「東北電力本店ビルにおける省エネルギーと負荷平準化に係る継続的取り組み」(空気調和・衛生工学会)(2013)
  • 学校法人/大学キャンパスにおける性能検証業務(2012-2013)
  • 民間企業・学校法人/某国立大学におけるスマートキャンパス構想支援業務(2012)
  • エネルギー会社/事務所建物におけるCO2削減検討業務(2009-2013)
  • 学校法人/業務用建築物の省エネルギー基準検討業務(2009-2010)
  • エネルギー会社/本社ビルのエネルギー性能に関するコミッショニング(2008)
  • エネルギー会社/電算センターのエネルギー性能評価に関する調査(2008)
  • 空気調和・衛生工学会/低温温水利用暖房方式の適用可能性検討業務(2008,2009)
  • NEDO/「住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業(建築物に係るもの)
  • NEDO/BEMS導入支援事業 平成11~19年度補助事業における成果の総合的調査分析(2009)
  • NEDO/住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業(BEMS導入支援事業)「補助事業者の実施状況の調査」(2007,2008,2009)
  • NEDO/住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業(建築物に係るもの)補助事業者の実施状況に関する調査」(2007,2008,2009)
  • NEDO/エネルギー供給事業者主導型総合省エネルギー連携推進事業(建築物に係るもの)「平成17年度補助事業者の実施状況に関する調査」(2007,2008)
  • 富山市/バイオマス等未活用エネルギー事業調査「雪氷熱導入可能性調査」(2007)

主な出版物

  • 自立循環型住宅への設計ガイドライン(共著)、財)建築環境・省エネルギー機構
  • 京都議定書目標達成に向けて「建築・都市エネルギーシステムの新技術」(共著)、空気調和・衛生工学会

主な論文

  • 東京電機大学東京千住キャンパスの省CO2 実現に向けた取組み, 空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集 学術講演梗概集,2013.9
  • 東北電力本店ビルにおける省エネルギーと負荷平準化に係る10年間の継続的取り組み, 空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集 学術講演梗概集,2013.9
  • 業務用ビルを対象とする液冷空調システムの開発, 空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集 学術講演梗概集,2013.9
  • 複数の社有建物の効果的な省エネ対策推進に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 学術講演梗概集,2013.8
  • 環境配慮型集合住宅における自然通風に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 学術講演梗概集,2013.8
  • 東京電機大学東京千住キャンパスの省CO2 実現に向けた取組み, 空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集(札幌) 学術講演梗概集, 2012.9
  • オフィスビルにおけるテナントの節電対策による効果検証, 空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集(札幌) 学術講演梗概集,2012.9
  • 既存業務用建物へのBEMS 等の導入による省エネ効果に関する調査研究, 空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集(札幌) 学術講演梗概集, 2012.9
  • 新たな省エネ基準策定のための建築設備の使用実態とエネルギー消費実態に関する調査研究, 空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集 学術講演梗概集,2011.9
  • 業務用建物の付加価値に関する意識調査, 日本建築学会大会学術講演会論文集 学術講演梗概集, 2011.8
  • 業務用建物の排熱利用に関する基礎研究, 日本建築学会大会(北陸) 学術講演梗概集,2010.9
  • 近藤武士,湯澤秀樹,松縄堅,坂本雄三,澤地孝男,桑沢保夫,宮田征門: 業務用建築物のためのエネルギー消費量評価手法に関する調査研究, 空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集(山口) 学術講演梗概集, 2010.9
  • 業務用建物への省エネルギーシステム等の導入効果に関する調査研究、中島卓巳,落合総一郎,湯澤秀樹,近藤武士、空気調和・衛生工学会大会学術講演梗概集、pp.1147-1150、2009.9
  • 複数建物のエネルギー管理を目的とした簡易省エネ効果予測システムの検討(第1報)(第2報)、掛川敏正,渡辺宏規,黒本英智,湯澤秀樹,近藤武士、空気調和・衛生工学会大会学術講演梗概集、pp.505-512,2009.9
  • 低温温水利用暖房方式の適用可能性に関する研究LCEMツールを活用したシステムシミュレーションによる省エネ効果検討、近藤武士,射場本忠彦,柳原隆司,金田一清香,長野克則,藤田卓史、空気調和・衛生工学会大会学術講演梗概集、pp.1675-1678、2009.9
  • 算室における空調設備容量の最適化に関する研究(その1)(その2)、大友功太,菊池健二,湯澤秀樹,近藤武士、日本建築学会大会学術講演梗概集、pp.1323-1326、2009.8
  • 節水・節湯器具の評価に関する研究 その10,高効率給油設備による住宅給湯消費熱量削減効果の検討、近藤武士,岩本靜男,前真之,鎌田元康、日本建築学会大会学術講演梗概集、pp.613-614、2009.8
  • 節水・節湯器具の評価に関する研究 その10,高効率給油設備による住宅給湯消費熱量削減効果の検討、近藤武士,岩本靜男,前真之,鎌田元康、日本建築学会大会学術講演梗概集、pp.613-614、2009.8
  • 節水・節湯器具の評価に関する研究 その9 節水器具による住宅湯消費量削減効果の検討、近藤武士,岩本靜男,前真之,鎌田元康、日本建築学会大会論文集 P655-656,2008.9
  • 既存建物へのBEMS等の導入による省エネ効果に関する調査研究、近藤武士,湯澤秀樹,岡垣晃,落合総一郎、空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集 P1473-1476,2008.8.
  • 既存建物のエネルギー性能に対するコミッショニングプロセス適用の検討、近藤武士,黒本英智,菊池嘉之,吉澤昭彦,松縄堅,湯澤秀樹,杉原義文,小池万里、空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集 P2101-2104,2007.9.
  • 節水・節湯器具の評価に関する研究 その2 節水型台所水栓を用いた食器洗浄による節水効果、近藤武士,岩本靜男,鎌田元康、日本建築学会環境系論文集 NO.613 P.65, 2007.3
  • Study on water conservation by water saving fixtures, Takeshi Kondo Shizuo Iwamoto Noriyuki Ichikawa Motoyasu Kamata, CIB W062 Symposium 2006 (32nd International Symposium on Water Supply and Drainage for Buildings), 2006.9
  • 節水・節湯器具の評価に関する研究 サーモスタット混合水栓,手元止水機能付シャワーヘッドによる節水効果、近藤武士,岩本靜男,市川憲良,鎌田元康、日本建築学会環境系論文集 NO.607 P.87, 2006.9
  • Research on Thermal Storage using Rock Wool PCM Ceiling Board, Takeshi KONDO Tadahiko IBAMOTO Shizuo IWAMOTO, EcoStock 2006 (10th International Conference on Thermal Energy Storage), 2006.5
  • Research on the thermal storage of the PCM ceiling board, Takeshi KONDO Tadahiko IBAMOTO, FUTURESTOCK 2003(9th International Conference on Thermal Energy Storage), ProceedingsVol.2 pp.549 2003.9
  • シャワーヘッド散水板の設計法に関する研究 穴径・散水角が適流量,快適感に及ぼす影響、近藤武士,大塚雅之,鎌田元康他 日本建築学会計画系論文集 NO.563 P.61 2003.1
  • 潜熱蓄熱壁体による躯体蓄熱システムに関する研究 潜熱蓄熱ボードの性能把握および適用効果の検討、近藤武士,射場本忠彦,坪田祐二,鎌田元康、日本建築学会計画系論文集 NO.540 P.23 2001.2
研究員の一覧へ戻る研究員の一覧へ戻る