杉原 義文

Sugihara Yoshibumi

空気調和設備のシミュレーターの開発・作成、シミュレーターを用いた検討業務を多く手がけ、それらの多くは公開、公表してきました。一人でも多くの研究者・エンジニアが空調システムの理解を深めて自分の研究・設計・運用に役立てたり、新たなシステムや操作方法を考え出す、そのような発展的な利用を願っているからです。その中でも、LCEMツールの仕組みを考案して広く皆さんが使えるようになったことは大きな喜びです。

杉原 義文

プロフィール

役職
上席研究員
出身大学
東京都立科学技術大学大学院博士課程修了
専門分野
エネルギーマネジメント ≫サービス内容へ
コミッショニング ≫サービス内容へ
地域エネルギー計画 ≫サービス内容へ
空調システムの解析
建物のエネルギー解析
評価支援ソフトの開発
資格
工学博士
建築設備士
一級管工事施工管理技師
所属団体
日本機械学会
空気調和・衛生工学会
日本建築学会

主な実績

主な論文

  • 地域におけるエネルギー・環境マネージメントに関する研究, 第1~5報, 空気調和・衛生工学会講演論文集 (2007-9), 1721~1724, (2011-98), 157~164.
  • 空調システムトータルの最適制御手法の開発, 第1~4報, 空気調和・衛生工学会講演論文集 (2010-9), 1575~1578., (2012-9), 133~136.
  • 有限体積法による非定常熱負荷計算ツールの開発, 空気調和・衛生工学会講演論文集 (2007-9), 1127~1130.
  • 業務用ビルを対象とする液冷空調システムの開発(第10報)ZEB エネルギー管理システムの検討, 空気調和・衛生工学会講演論文集 (2013-9), 53~56.
研究員の一覧へ戻る研究員の一覧へ戻る