山村 真司

Yamamura Shinji

私たちの生活は多様な事象の複雑な組み合わせの上にバランスしており、くらしの環境と地球環境との距離感はますます狭まりそうです。また、「建築~まち~都市」などミクロからマクロレベルまでの同時解決を求められる局面も増えつつあります。温暖化阻止と快適なくらしの追求はどちらも実現が可能であると信じます。建築もまちもエネルギーを削減しながら豊かな環境を創り上げるお手伝いを通じて、次世代により良い「環境」を受け渡していくべく邁進する所存です。

山村 真司

プロフィール

役職
上席研究員
出身大学
東京大学工学系研究科建築学専攻修士課程修了
専門分野
地球温暖化対策のコンサルティング
環境配慮型施設、屋外環境の計画・設計
建築・都市環境施策の策定
自治体CASBEEの開発支援
ヒートアイランド抑制対策の計画
環境・エネルギー事業のFS調査
資格
博士(工学)
建築設備士
中小企業診断士
所属団体
日本建築学会
空気調和衛生工学会

主な実績

  • 東京都/品川駅・田町駅周辺における環境配慮型都市開発の誘導方策検討(2008-2009)
  • 豊島区/環境基本計画策定支援業務(2008-2009)
  • 東京都/建築物環境配慮指針の改正案策定等調査(2008-2009)
  • (社)都市環境エネルギー協会/省CO2型都市・地域構造に向けた検討調査業務(2007-2008)
  • 大崎駅西地区開発計画屋外熱環境評価(2005)
  • IBEC/大坂府建築物の環境配慮制度(2005)

主な出版物

  • 建築設計資料集成 コンパクト建築設計資料集成第3版、環境(昼光利用、空調・照明設備)、日本建築学会編、丸善、2005年3月(共著)など

主な論文

  • 山村真司他:建築外部空間デザインの設計支援を目的とした熱放射環境の予測手法の開発、日本建築学会計画系論文集、554号、pp85~92、2002年4月
  • 山村真司他:散水により形成される外部空間の微気候に関する基礎的研究、環境の管理No.40原著論文、日本環境管理学会誌、pp19~27、2002年9月
  • 山村真司他:建築外部空間デザインの設計支援を目的とした熱収支・気流連成シミュレーション手法の基礎的検討、日本建築学会計画系論文集、560号、pp73~80、2002年10月
  • Shinji YAMAMURA:Study on Methodology about Environmentally Friendly Urban Development for Creating Cool Spots and Reducing CO2 Emissions in Urban Area, ICUC, July, 2009
研究員の一覧へ戻る研究員の一覧へ戻る