中国・天津于家堡

都市全体での低炭素実現を目指した包括的低炭素シナリオの策定

概要

キーワード
低炭素、CBD、地域エネルギー、AEMS、
未利用・再生可能エネルギー、ヒートアイランド現象
業務内容
世界に先駆けた低炭素CBD(Central Business District)の実現に向けたFS(Feasibility Study)を行いました。都市構造、建築省エネルギー、地域エネルギー、未利用・再生可能エネルギー、AEMS(エリア・エネルギー・マネジメント・システム)、ヒートアイランド、緑化・ゴミ・水、交通など、まちを創るさまざまな分野において低炭素手法を提案し、その導入効果を詳細に分析しました。本件の省CO2目標である2010年BAU(Business as usual)比で、2020年30%削減(2030年に50%)が可能であるシナリオを描くことができました。

主な担当研究員

  • 山村 真司
  • 小川 貴裕
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る