再生可能エネルギーを活用した事業モデル検討

概要

キーワード
緑の分権改革、クリーンエネルギー、
バイオマスエネルギー、太陽光発電
業務内容
神戸市が総務省から受託した「緑の分権改革」推進事業として、神戸市内のクリーンエネルギー資源の賦存量、利用可能量の調査を行うとともに、その活用に係る具体的な事業展開のための実証調査を実施したものです。
事業化検討としては、バイオマスエネルギー、大規模太陽光発電の事業化検討、港町・神戸の特徴を踏まえた「臨海都市部」の合理的エネルギー利用のあり方及び導入モデルの検討を行いました。

主な担当研究員

  • 小川 貴裕
  • 鈴木 義康
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る