複数の社有施設を有する企業の省エネ対策支援業務

概要

キーワード
省エネ対策、データベース、グルーピング化
業務内容
複数の社有建物を有する企業の社有建物の省エネ対策を効果的に実施するための手法を検討しました。全社有建物の設備・エネルギーデータのデータベースを作成し、社有建物のエネルギー消費特性によるグルーピング化を行いました。その上で、グルーピングに応じた効果的な省エネ対策の抽出・効果算出を実施しました。

関連論文

複数の社有建物の効果的な省エネ対策推進に関する研究 その1 複数建物の効果的な省エネルギー推進方策に関する検討, 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 学術講演梗概集, 2013.8

複数の社有建物の効果的な省エネ対策推進に関する研究 その2 節電対策実施による効果検証, 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 学術講演梗概集, 2013.8

主な担当研究員

  • 湯澤 秀樹
  • 近藤 武士
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る