東京都台東区

G空間技術を活用した次世代型自転車ナビゲーションの開発と実証

概要

キーワード
G空間。自転車ナビゲーション、台東区、シェアリング自転車、実証事業
業務内容
G空間社会とは、準天頂衛星や高精度地図等を組合わせた高精度測位が可能な社会です。本事業では、2020年東京五輪の開催を控え、今後増加傾向にある外国人観光客の周遊手段としてのシェアサイクルに着目し、外国人でも安全・安心に目的施設まで自転車で移動でき、かつ自転車走行マナーの向上にも貢献する安全運転ガイダンス情報をG空間技術で実現しました。また、当該技術の有効性を台東区における実証実験で確認しました。

関係論文

G空間技術を活用した自転車ナビゲーションの開発と実証

主な担当研究員

  • 安藤 章

受賞

  • 2015年度交通工学研究会査読論文
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る