神戸市

神戸市環境モデル都市の推進に係る「エネルギーセンターの導入」及び「燃料電池車(FCV)の導入促進」検討業務

概要

キーワード
スマートシティ、環境モデル都市、エネルギーマネジメント、燃料電池車(FCV)、水素ステーション
業務内容
神戸市環境モデル都市の取組みの一環として、ポートアイランド地区の市関連施設(スポーツ施設、コンベンション関連施設等)及び熱や電気を多く利用する施設(研究施設や大学等)におけるBCPや避難所機能の確保が可能となる「エネルギーセンター」の導入検討を行うとともに、水素エネルギーの利活用に取組むため、「燃料電池車(FCV)」の導入促進に向けた水素ステーションの整備等についての検討を行った。

主な担当研究員

  • 鈴木 義康
  • 大久保 岳史
  • 篠田
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る