吹田操車場跡地スマートコミュニティ構想

概要

キーワード
スマートコミュニティ、エネルギーマネジメント、再生可能エネルギー
業務内容
本事業では、国立循環器病研究センター、吹田市民病院等が立地する街区を対象に、環境性、防災性、経済性等を高めるための面的エネルギーシステムと地域EMSで構成されるスマートコミュニティモデルを構想し、その事業性を検討した。また、地域EMSと医療との連携、エリア拡大についても検討を行った。

主な担当研究員

  • 山村 真司
  • 鈴木 義康
  • 白 機錫
  • 藤井
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る