神奈川県相模原市

相模原市/広域交流拠点整備計画の策定に向けた調査・検討

概要

キーワード
リニア新幹線、駅前開発、整備計画、土地利用計画、駅前広場
業務内容
圏央道やリニア新幹線新駅(橋本)などの広域交通インフラ整備によるポテンシャルを活かし、相模総合補給廠(相模原)の一部返還等の効果を活用し、橋本・相模原両駅周辺が相互に魅力を高め合い、高次都市機能が集積する広域交流拠点形成のための整備計画策定に向けた調査・検討を実施しました。
駅周辺の土地利用計画及び駅前空間、交通ネットワーク、歩行者空間等の整備計画を検討し、とりまとめたものです。
(相模原市からの委託業務)
技術的特徴
●広域交通結節点として、在来線とリニア新幹線との結節や、圏央道からのアクセスを強化する駅前広場、道路、歩行者空間等の整備を検討
●交通結節点と駅周辺の土地利用(開発)との一体的な整備による交流拠点整備の姿を提示
●橋本駅と相模原駅の両駅が一体となった土地利用・交通ネットワークを提案

主な担当研究員

  • 竹村 登
  • 渡部 裕樹
  • 平池 悦子
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る