前橋市

分散型エネルギーによる地産地消モデル構築

概要

キーワード
再生可能エネルギー、EMS、地域PPS、サプライチェーン、地域活性化、雇用創出
業務内容
本調査は、バイオマス発電を中心とした地産地消型の分散型エネルギーシステム構築を通じ、地域活性化を実現化方策を検討しました。具体的には市内の複数需要地に対し、地域バイオマス資源(間伐材、家畜排せつ物、下水道汚泥等)を活用して地区単位で電熱供給し、再エネ資源のサプライチェーン計画、分散型エネルギーインフラ計画、地域PPSの導入ならびにエネルギーマネジメントシステムの導入を検討しました。
技術的特徴
●市域全体のエネルギーマネジメントシステム構築
●地域PPSの設置可能性検討
●地域エネルギーのサプライチェーン計画策定
●事業性評価
●地域経済活性化および経済波及効果の定量化

主な担当研究員

  • 小川 貴裕
  • 岡 万樹子
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る