東京都他

全国に施設を有する企業の環境関連法令対応業務

概要

キーワード
改正省エネ法、総量削減義務、排出量取引
業務内容
2015年パリ協定の枠組みを受け、日本では温室効果ガスの排出を2030年までに2013年比26%低減目標を掲げ、目標達成に向けた環境施策が展開されています。省エネ法におけるクラス分け評価制度の創設、東京都の総量削減義務と排出量取引制度等の地方条例による規制強化も施策の一つです。単に法順守するだけでなく、積極的にエネルギー管理や省エネ対策に取組むことは、戦略的な環境経営を推進する一翼になります。
技術的特徴
・環境関連法令の定期的な情報収集
・エネルギーデータ分析や省エネ診断によるターゲットの抽出
・省エネ対策による削減効果分析や投資回収の判断
・戦略的な中長期計画の策定
・エネルギー管理のためのPDCAサイクルの検討

主な担当研究員

  • 湯澤 秀樹
  • 高橋 直樹
  • 須藤 俊彦
  • 久保 隆太郎
  • 高田 千春
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る