大阪府大阪市

河川水を活用した地域熱供給施設における継続的な性能検証・評価研究

概要

キーワード
未利用エネルギー、河川水利用、地域熱供給施設、性能検証、継続的研究
業務内容
未利用エネルギーである河川水を全面的に利用したヒートポンプシステムを採用した「中之島三丁目地区地域熱供給施設」では、2005年の運用開始以降、継続的に性能検証・評価を行い、適正な運転に活用しています。本研究では、運用開始後9年間のデータを用いて、プラント性能、熱源機器性能および河川水熱交換器性能の経年推移を分析し、併せて河川水熱交換器の清掃効果に関する評価を行いました。

関連論文

未利用エネルギー(河川水)を活用した地域熱供給システムの性能検証・評価に関する研究(第12報)竣工後9年におけるプラント性能の経年推移と河川水システムの評価、空気調和・衛生工学会大会、2014.9

河川水を利用した地域熱供給システムの計画と運転実績評価(第14報)運転開始後9年間の運転実績と機器・システム性能の経年推移、第15報:河川水利用設備の経年変化と性能評価、日本建築学会大会、2014.9

主な担当研究員

  • 丹羽 英治
  • 高橋 直樹
  • 河野 匡志
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る