神戸市

人流・気流センサを用いた屋外への開放部を持つ空間の空調制御手法の開発・実証

概要

キーワード
人流・気流センサ、IoT、AI、スマート制御
業務内容
屋外への開放部を持つ地下街等は一般建物と比べ冷暖房負荷が大きく、人流が複雑なため、効率的な冷暖房の方法が確立されていませんでしたが、近年のIoT技術の進展等により新たな空調制御の可能性が出てきました。本事業では、人流・気流センサを用いて地下街の環境状態(人の行動や空気・温熱環境データ等)を把握・予測し、その結果に基づくスマート制御によって冷暖房消費を最小化し、大幅なCO2排出削減を目指します。
技術的特徴
本事業では、従来の空間への均一的な空調に対して、人の居る場所とその空調に必要な最小熱量と換気量を予測し、さらに近傍の快適な空気を再利用することにより、必要最小限のエネルギーで空調と換気を行う技術を開発します。また、人流予測、気流予測及び空調・換気制御においてはAI(人工知能)を援用します。

研究実施者

神戸大学、日建設計総合研究所、神戸地下街㈱、創発システム
環境省「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」として実施

主な担当研究員

  • 鈴木 義康
  • 進藤 宏行
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る