APEC Low-Carbon Town Indicator (LCT-I) 構築

概要

キーワード
低炭素都市、CO2排出量、APEC、Low Carbon Model Town
業務内容
APEC諸国では今後都市人口集中と開発の加速によるエネルギー消費増大化が予想され喫緊の対策が求められています。これに対し低炭素都市の検討方法や進め方は未だ各国、地域で大きな差異があり総体的な進捗が進みにくい状況です。より円滑な都市レベルでの対策やCO2排出量の管理指標(基準)の構築、及び普及・展開が必要であることから、APECが推進するLow Carbon Model Town(LCMT)普及のための管理指標体系(Indicator)の構築を提案しました。

主な担当研究員

  • 山村 真司
  • 小川 貴裕
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る