東京都

平成26年度拠点の形成に関する調査委託

概要

キーワード
コンパクトシティ政策、都市開発諸制度、生活拠点、アクセシビリティ
業務内容
東京都都市計画区域マスタープランでは、新たに「生活拠点」(主要駅周辺、50か所)が位置づけられました。生活拠点の形成促進策の一つとして都市開発諸制度が活用できるよう、生活拠点に係る調査・検討を実施し、活用方針の改定を行うための資料を作成しました。また、諸制度を適用した場合のマンション建て替えの事業性の観点からのケーススタディを行い、居住に係る活用方針改定に向けた資料を作成しました。

主な担当研究員

  • 竹村 登
  • 藤田 朗
  • 渡部 裕樹
  • 山本 ちはる
主な実績の一覧へ戻る主な実績の一覧へ戻る