本多 久美子

Honda Kumiko

人間行動に焦点を当て、人と建築・都市をつなぐ

人々のウェルビーイングを実現していくために求められることは何か?
様々なデータを利活用しながら、人間行動の観点からウェルビーイングを実現する豊かな人間生活を生み出す建築・都市空間を考えることが私の研究テーマの一つです。
中でも、豊かな人間生活を生み出す空間を定量的に、また目に見える形で示すことで、様々なステークホルダーの間での合意形成促進や、施策戦略策定に結び付けられないかと考えています。
具体的には、人間行動に大きく影響を与えるであろう空間のイメージから空間の快適性に至るまで、人間行動に主眼を当てながら定量的に把握することを目指しています。
スマートシティや交通結節点、そして健幸都市など様々なプロジェクトにおいて研究・実務を行っていますが、どのようなフィールドであっても、人間行動に焦点を当てながら、人と建築・都市をつないでいくことを心掛けています。

本多 久美子

プロフィール

役職
研究員
出身大学
京都大学大学院工学研究科建築学専攻 後期博士課程修了
専門分野
建築計画学
行動空間デザイン
人流分析
マルチエージェントシステムによる建築空間・都市空間解析
スマートプランニング
資格
博士(工学)
一級建築士
職歴
2011.4~2013.3
日本学術振興会特別研究員(DC2)
2013.4~2018.3
福井大学テニュアトラック推進本部 助教
2018.4~2020.7
福井大学大学院工学研究科建築建設工学専攻 准教授
2020.8~ 現在に至る
所属団体
日本建築学会

主な実績

  • 大宮駅大宮スマートシティ実証実験(2020年・国土交通省)
  • さいたま市先進技術利活用都市づくり検討業務(2020年・さいたま市)
  • 自動運転を見据えた交通結節点検討(2020年・国土交通省)
  • SIB健幸ステーション事業計画(2020年・飯塚市)

主な論文

  • 木曽 久美子:自動車の利用に着目したスケッチマップにおける建築記号の共起性の分析 建築記号群の解釈としての認知地図の分析に基づく建築・都市空間のデザインに関する研究(その4), 日本建築学会計画系論文集, vol.85, no.775, pp.1865-1875, 2020.09
  • 木曽久美子:スケッチマップにおける建築記号の多義性に着目した共起性の評価 フランシュコンテ大学を対象とした建築記号の解釈としての認知地図の分析, 日本建築学会計画系論文集 , vol.82, no.742, pp.3081-3091, 2017.12
  • 木曽久美子:多義性を考慮したスケッチマップにおける建築記号の共起性についての分析 建築記号群の解釈としての認知地図の分析に基づく建築・都市空間のデザインに関する研究 (その3), 日本建築学会計画系論文集, vol.82, no.734, 917, 2017.04
  • 木曽久美子:共起確率値評価システムに基づくスケッチマップにおける建築記号の共起性の評価 建築記号群の解釈としての認知地図の分析に基づく建築・都市空間のデザインに関する研究(その2)日本建築学会計画系論文集, vol.81, No.726, pp.1653-1663,2016.8
  • 木曽久美子,松下聡:共起性に着目したスケッチマップにおける建築記号群の描画確率の検討-建築記号群の解釈としての認知地図の分析に基づく建築・都市空間のデザインに関する研究 (その1), 日本建築学会計画系論文集, vol.80, No.718, pp.2803-2813, 2015.12
  • Kumiko KISO,Teruyuki MONNAI: Preliminary study on a method for space design analysis based on human behavior semiosis using a multiagent simulator, Agent-Based Approaches in Economic and Social Complex Systems VIII Agent-Based Social Systems, Vol.13, pp.87-102, 2015.7
  • 木曽久美子, 門内輝行: 発話分析に基づく人間行動の記号過程の解読とシミュレーション -建築・都市空間が誘発する人間行動の記号過程に関する研究(その3), 日本建築学会計画系論文集, vol.78, No.687, pp.1003-1012, 2013.5
  • 木曽久美子 , 門内輝行: 人間行動の記号過程の確率ネットワークモデルとそれに基づくシミュレーション -建築・都市空間が誘発する人間行動の記号過程に関する研究(その2), 日本建築学会計画系論文集, vol.77, No.680, pp.2329-2338, 2012.10
  • Kumiko KISO, Teruyuki MONNAI: Study on Semiosis of Human Behaviors Afforded by Architecture and Urban Space Using Multi Agent System, the Proceedings of the 4th World Conference on Design Research IASDR 2011, no.308 (CD-R), 2011.11
  • 木曽久美子, 門内輝行: 建築・都市空間における人間行動のモデル化とシミュレーション -建築・都市空間が誘発する人間行動の記号過程に関する研究(その1), 日本建築学会計画系論文集, vol.76, No.668, pp.1819-1828, 2011.10

受賞歴

  • 京都大学学術創成研究会ポスターセッション 最優秀ポスター発表賞(1位)
  • 第12回構造計画研究所MASコンペティション第二部門 優秀賞(1位)
  • フランス政府給費留学生に選抜(パリ・ラヴィレット建築大学へ留学)
研究員の一覧へ戻る研究員の一覧へ戻る